ニャンニャンニャンちゃんねる

かわいい女の子の画像を随時更新していきます。

『重版出来!』に出演! 野々すみ花とは


ドラマ 『重版出来!』に出演されています

続いての写真は、お美しい!野々すみ花さん!帯の金魚がまた素敵です。小料理屋重版のミサトさんのお料理はどれも本当に美味しそうです。#重版出来!#野々すみ花 pic.twitter.com/FoPJ0WJepi

野々すみ花(のの すみか、1987年2月27日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団・宙組トップ娘役。愛称、すみか。京都府出身。梅田芸術劇場所属。血液型はO型。

本名は、上田 澄佳(うえだ すみか)?
スリーサイズ・カップ ?
現在は結婚されておりません。

wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E3%80%85%E3%81%99%E3%81%BF%E8%8A%B1

宝塚歌劇団の出身です

2005年、宝塚歌劇団入団。花組公演『マラケシュ・紅の墓標 / エンター・ザ・レビュー』で初舞台。その後、花組に配属。同年11月に『落陽のパレルモ』で主人公の少年時代役に抜擢される。

2012年7月1日の『華やかなりし日々 / クライマックス』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団

妹も宝塚音楽学校?

これは事実として確認されていません。単なる噂のようですね♪

お茶かいに出席した人のブログがあります。「素朴でいい人」というのがすみ花さんの印象

スカステや歌劇のすみ花と同様、実物も全く同じ雰囲気の「本当に素朴でいい人」
マイペースで、それでいて肝心なところには気がつく、気が利く、でもやっぱり天然で微笑ましい一面もたくさんある方でした。
娘役の競争で戦い続けて、トップの座を勝ち取った!
というよりは、
宝塚が好きで、好きで、大好きで、劇団に入ってもお稽古も本番もたのしくて仕方なく、努力も努力と感じずに突き進んでいたら、今日に至る。
という印象を受けました。

ディナーショーに出席した人の感想が下記のブログにあります

でもぎこちないしゃべり方や、ちょっと力んでいるフリートークそのものが、彼女にとっての「自然体」で非常に微笑ましく、彼女の気持ちが真に伝わってきて良かったです。

舞台『プルーフ/証明』ではキスシーンも!

お話の内容はかなり難しいかった。
しかもショックなことがありまして。ありまして。
すみ花ちゃんのキスシーンですよ、キスシーン( °д°)近すぎる分衝撃も増大だったな泣

朝ドラ 『あさが来た』に出演

『あさが来た』(NHK)で演じる新次郎の三味線の師匠・美和役が色っぽいと評判に。あさと美和は恋敵だった時もあったが今は職業婦人同士、心を通わせ合う親友でもある。

私服をブログにのせてらっしゃいました

ふしぎ発見に出た時の衣装が好きという人も

実家は京都の久世郡です

野々すみ花の実家の父は、 京都の久世郡久御山町で、 京野菜を作る農家を営んでいました。

蜷川さんが亡くなった時の感想をブログに載せてらっしゃいました

最後にお話ししたのは、昨年の1月、良い天気のなか、埼玉まで『ハムレット』の稽古を見学に行った日のこと。
「えっ?・・・あぁ!誰だかわかんなかったよ。前と全然違うじゃないか。コワイなぁ〜。」にやっと歯をむき出しにして笑いながら、蜷川さんはおっしゃいました。
なにがコワイのかは聞かなかったけれど、たぶんそう、きっとそう。女優としての成長を見てくださっていたのだなと、その一言が、とても嬉しかったのです。

-Uncategorized

ページ: 1 2 3

×
ビンポセチン