ニャンニャンニャンちゃんねる

かわいい女の子の画像を随時更新していきます。

朝ドラヒロイン最有力!『Seventeen』専属決定の「清原果耶」に注目


この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆現在『透明なゆりかご』で連ドラ初主演中の清原果耶

清原果耶が、7月にスタートする連続ドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合)にて、ドラマ初主演を飾る。同作は、累計325万部を超える漫画家・沖田×華の人気コミックをドラマ化。

小さな産婦人科医院を舞台に、中絶や死産などの産婦人科の“影”に向き合いながら、主人公たちの命への思いを描いていく。

脚本は、これまでに『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』『宮崎のふたり』などを執筆した安達奈緒子が担当する。

◆その演技力が絶賛されている

本作で連ドラ初主演を務める清原の瑞々しい演技に視聴者から「心惹かれる」「お芝居がほんと良い」などの反響が寄せられた。

第一話

視聴者からは清原の演技力に対して「表情だけの演技が上手い」「表情でいろんな気持ちを語らせて、見てて入り込んでしまう」「表情、ほんとに豊か」などの絶賛の声がSNSに寄せられた。

第二話

堂々とした16歳の座長に、共演者の水川あさみ(34)は「度胸の塊ですよ。素晴らしい。16歳のときにできない」と舌を巻いた。

◆元々、3万人のオーディションで選ばれ芸能界入りした清原

グランプリ受賞時

清原は『アミューズオーディションフェス2014』で3万人を超える応募の中からグランプリに輝き芸能界入り。

2015年からファッション雑誌「ニコラ」で3年間専属モデルとしても活躍。

◆女優デビューが朝ドラ重要キャストと早くから期待されていた

『あさが来た』(2015)

清原果耶=ふゆの役どころは、主人公・あさとあさの姉・はつのお付き。“頭ポンポン”を新次郎にされたり、物陰から「新次郎さんお気の毒に……」と見守ったり、さらには新次郎の妾になるのではないかとの憶測も相まって、ふゆは物語のカギを握る重要な存在になった。

新次郎役:玉木宏

今回の朝ドラは、一度別の役でオーディションを受けるも落選。しかし演技を見たNHKスタッフが「女優になるべくしてなる方だと思った」と、より大きな役での出演オファーにつながったのだという。

◆その後も次々とメジャー作品に出演 演技力に磨きをかけてきた

『3月のライオン』(2017)

『大河ファンタジー「精霊の守り人」』(2016・NHK)で綾瀬はるか演じる主人公の少女期を、映画では『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で小松菜奈演じるヒロインの中学時代や、『ユリゴコロ』で吉高由里子演じる殺人者の少女期をそれぞれ演じてきた。

昨年3月に公開された映画『3月のライオン』での芝居が絶賛され、演技派の若手として知られる。

2017年

映画『ちはやふる -結び-』で担っているのは、映画オリジナルのキャラクター・伊織役。大人っぽさと幼さを兼ね備える清原は、新(新田真剣佑)に思いを寄せる美少女をクールに演じ、高い評価を得ている。

2018年

◆そんな清原が朝ドラヒロイン定番ルート『Seventeen』専属に

女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデルに決まった女優の清原果耶さん。同誌はこれまでに、北川景子さんや榮倉奈々さん、波瑠さんらを輩出し、一部では「人気女優の登竜門」と呼ばれている。

「半分、青い。」ヒロインの永野芽郁、2019年度放送「なつぞら」ヒロインの広瀬すずと、近年は同誌専属モデルからNHK連続テレビ小説ヒロインへの流れがトレンドになりつつある。

『あさが来た』(波瑠)、『半分、青い。』(永野)、『なつぞら』(広瀬)。彼女らに共通するのは、『Seventeen』の専属モデルを務め、ティーン世代から絶大な支持を獲得し、その後“国民的女優”の数少ないイスを勝ち取るにまで至ったことだ。

-Uncategorized

×
ビンポセチン