ニャンニャンニャンちゃんねる

かわいい女の子の画像を随時更新していきます。

日テレ入社の女子アナ。キャバ嬢バイトの笹崎里菜の最近もすごい♬


1992(平成4)年4月16日生まれ、23歳。神奈川県出身。東洋英和女学院大国際社会学部国際コミュニケーション学科卒。2011年にミス東洋英和に輝き、女性ファッション誌「JJ」などの読者モデルとしても活動。同大卒業後の15年4月に日テレ入社。同年6月放送の「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」(水曜後7・56)でテレビデビュー。現在、「シューイチ」(日曜前7・30)とBS日テレ「深層NEWS」(月~金曜後10・0)の月曜ニュース・お天気コーナーに出演中。1メートル60。

笹崎里菜プロフィール

笹崎里菜最新情報

日本テレビの笹崎里菜アナが9日放送の「シューイチ」(日曜、前7時30分)で、芸人の東野幸治から強烈ないじりを受けた。

1年半ぶりのインタビューで自分に変化はないかと笹崎アナが質問すると、東野は「鮮度なくなってきてるで。鮮度」とバッサリ。

「笹崎アナは現在、『シューイチ』『深層NEWS』『Good Night フールー』に出演中ですが、視聴者からは『アナウンス技術がいまいち』とあまり評判がよくなく、伸び悩んでいるようです。入社当時、周囲は彼女を腫れ物扱いしてきたものの、何よりも本人が波風立てないよう、現在は“事なかれ主義”に徹しています。というのも、入社当時の笹崎アナは何か妙な動きがあれば、すぐに上層部にチクられたり、マスコミにタレこまれたりしていました。そんな新人時代を経たからか、本人もあまり目立つ言動はしていません」(日テレ関係者)

笹崎アナには入社当時から「老け顔」や「フレッシュ感ゼロ」という声もあった。しかも同期入社の尾崎里紗アナが童顔なため、その美人顔がさらにとっつきにくく感じてしまう面も否めない。

「良くも悪くも彼女のイメージを固定化しているのはあの髪型。ロングの巻き髪はゴージャス感にあふれすぎていて男性ウケが悪いのです。そんな彼女にオススメしたいのは『ホランショート』。ホラン千秋さんもあの髪型のおかげでキツめの顔つきが中和され、親しみやすさを醸し出しています。ぜひショートになった笹崎アナを見てみたいものですね」

「入社決定後は相武紗季似の抜群の美貌もあり、将来のエース候補といわれていた。ところが、同期の尾崎里紗アナがしっかりしたアナウンス技術に加えて、大学時代に福岡親善大使を務めて海外を飛び回り培った度胸、そして愛されるキャラクターで先に注目を浴びてしまった」(日テレ関係者)

4月には新人アナも入社、椅子取りゲームはさらに厳しくなる。若さと美貌だけではダメな厳しい世界だけに、笹崎アナは正念場だ。

考えてみれば、雰囲気を壊さないように目配りしながら、共演者の実力を引き出さなければならないアナウンサーという仕事は、ホステスと通じるところがある。店で人気になるような女性は、アナウンサーとしても力を発揮できるのだ。

「鳴り物入りの入社で注目度は抜群でしたが、2年目に入ると同期のライバルに大きく差をつけられ、最近はストレスからか肌荒れが目立つようになっています」(女子アナウオッチャー)

笹崎アナの現在のレギュラー番組は4本。しかし、まともな番組は『シューイチ』のみで、あとは注目度の低い宣伝番組2本とBSのお天気読みだけ。

笹崎里菜の悩み?

4月20日放送『ヨロシクご検討ください』(日本テレビ系)に、日本テレビの女性アナウンサー軍団が出演。レギュラーである坂上忍(48)、バカリズム(40)、オードリー・若林正恭(37)、南海キャンディーズ・山里亮太(39)に、自身の悩みを相談した。

中でも、注目は笹崎里菜アナウンサー(24)。「どうせ、野球選手と結婚して2~3年で辞めるんでしょ?」と思われがちな女子アナのイメージが、彼女はイヤだというのだ。「それには乗りたくない!」と断言し、「面白い方がいいので芸人さんがいい」という思わせぶりなひと言まで付け加えていた。

フェイントをかけ、気が抜けたところでズバッと射抜く。これが、笹崎アナがホステス時代に培ったスキルなのだろうか?

暮らしのために“夜の蝶”に化ける大学生は現実にいるし、社会に出ればホステス経験をプラスにすることも可能だ。たとえば、銀座勤めを理由に内定が取り消され、裁判に訴えた日本テレビの笹崎里菜アナ(24)である。コラムニストの桧山珠美氏は、「今や人気1位の水卜麻美アナに次ぐ存在になっています」と評価した。

この日のテーマである「今夜は穏やかな私ですがあの時は本気でキレましたスペシャル」

日本テレビの笹崎里菜アナウンサー(24)が同局系の「行列のできる法律相談所」に出演した。レギュラー出演する徳島えりかアナが欠席したため、ピンチヒッターを務めた。

『上田晋也の日本メダル話 』

『好きになる』

-Uncategorized

×
ビンポセチン